洗心訓

一、挨拶を毎日正しくしているか

お互いの心が明るくなります。

二、いかなる所でも靴を正しく整えているか

見え辛い所は足です。その靴を整える人は心に余裕があります。

ゆとりのある人は忘れ物をしません。事故にも遭いません。

三、一日の中で一回は親のお手伝いをしているか

自発的に気付いてする人は本物です。自分の事は責任もって自分でやれるようになろう。

四、時間を正しく守っているか

けじめのある人になろう。

五、今日自分が生命(せいめい)ある事に感謝しているか

六、先祖や親、そしてすべての人と自然を大切にしているか

 

毎日必ず実行して、人や社会から必要とされる徳を身につけよう